ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第6話「残骸-レムナント-」

まさかの週明け更新である
実は何気にこの話は見ていたり
超電磁砲から入った自分が「黒子が活躍するよ!」みたいなこといわれて
6巻から一気に飛ばして見たんだよねw

IN1.jpg
から揚げを揚げる上条さんとテレビを見るインデックスの図。主人公とヒロイン() 出番おわり
等圧線を風水にたとえたり、科学と魔術の共通事項を別単語で表現されるのが面白い
インデックスのアレでぶっ壊れたんだっけ。完全予報するやつ

IN2.jpg
久々っすねナレーションの人。ノリが完璧にレールガンだわ
比較してみるといかにレールガンがライトだったかよくわかる

IN3.jpg
そういえば原作の初春ってすげえ毒舌だったけど、さすがにレールガン基準か。変えられないもんね
ここまで影響するスピンオフもすごい。輸送されたものの調査に向かう

IN4.jpg
すごい 黒子 無双 そりゃタイムラグ無しで死角に現れたら一般ピーポーにはどうしようもないでしょうよ
それはもう拳銃をローテクって言っちゃうぐらいに。でもそうは問屋がおろさなかった

IN5.jpg
すごく見難いんですけど。結標淡希さん。髪の毛が夕日と同じような感じだからかな
レベル5判定に近いレベルのレベル4なんだっけこの人
ベラベラ能力の説明を喋るのは視聴者のためなんだろうけどどうなんだかw

IN8.jpg
うわあああああいてええええええ
説明聞けよ! しかし視覚して転移させれるってレベル5のどっかの誰かより強いと思うんだよなぁ

IN7.jpg
あんまり嬉しくない下着姿である
ほぼ確実な演算機械ぶっ壊されて学園都市の機能が低下すると思ったけど案外支障は出てない。表向きは
天気予報が外れたりする辺りがリアルだ

IN6.jpg
結局の所裏の事情に関して自分は蚊帳の外だったと
お互いどういう状況であるかはわかっているんだよなぁ
ドアを開けようともしないし、「雨が降らなければいい」を聞いて
黒子がツリーダイヤグラムが破壊されたことを知っているというのはわかっているわけでして
舞台に割り込んでも良いぐらいの実力あると思うのだけど、利便性が強すぎるからなのかなぁ
言うまでもないけど、8巻・・・この回の黒子はガチ主人公してると思う
とてもレールガンと同一人物だとは思えないw

IN9.jpg
要するにツリーダイヤグラムの残骸が回収されて修復されるとまたミサカみたいなのができる可能性がある
それをどうしても防ぎたいと。空間転移を追うには空間転移。逃げる淡希を黒子が追撃する所で幕。

結論的にやっぱり科学サイドの方がおもしろい
触れずに対象を飛ばせる。飛距離は黒子の10倍質量は約30倍以上
実質の上位互換だがそれでも複雑な演算が必要。自分を飛ばすのはとある理由で吐くほど苦手
心理状況で上記みたいな弱点もあったり、ダメージで状況が変わってくるから
完全下位上位の違いじゃなくて、隙とか頭脳戦でどうにかなったりする
あれだ。ジョジョのスタンドバトル的なそういう戦闘が大好きなんですよ。力の裏にデメリットとか大好き
後、なんだかんだで単語がわかるってのが大きいかなー
イノケンティウスとか言われてもわからないけど、テレポートだったらピンと来るし
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nsk

Author:nsk
夢見る某所の専門学生。プランナー志望。プログラムもちょっと
見た作品を色々感想とか
垂れ流してます
主に深夜アニメ、ゲーム、声優
後、雑記も少し
詳細的な方はこっち
コメントとトラバは大歓迎です。見かけたらお返しします

アクセスカウンター
ついったー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
8102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2814位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。