FC2ブログ
ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットアニメにおけるデザイン

学校で見せられた作品とそれに関連する模型化について知ってることを吐き出してみる
特定上等。いえーいみてるー?
見せられたのは劇場版ザブングル。ザンボットと比べるとストーリー構成は微妙なんだけど
それでも引き込まれるキャラクター性、脇を固めるメンバーも主人公でいいようなキャラ設定が活かされてる作品だと思う
(というか、監督が途中で富野さんに変わって、当人はイデオンと兼任してたからしようがないと思うんですがね)
特にジロンは美形だけが主人公では無いと証明して見せた立役者
ただ、ザブングル、アイアンギアとその他ロボのデザイン者が違うため違和感が残る
「ロボ的」か「作業用機械的」か。見てみればわかると思うけど。だからこそ
作業機械なイメージがある二代目主役機のウォーカーギャリアがあるわけでして
「リアルロボット」という思考はダグラムから始まったけど、その後番組である俺らも見たザブングル、ここで確立したと思う
主役機以外は殆ど人型じゃない、ハンドルとガソリンで動く。これをリアルといわずになんというのか

絶対死にそうな悪役が生き残ったり、富野監督らしいなーとは思う
最終決戦にまでギャグを持ち込むのはあんまり好きじゃなかったりする。ナデシコもそういう意味ではあまり好きではない
そして明らかに初見殺しの総集編を見せる必要はあったのかなー・・・と思う

本題。
この時代、大体1980年代前半は、ロボットアニメの乱発玩具メーカーの模型化戦争の2つがあった
その歴史をちょっとまとめてデザインとはどういうことかというのを洗い流してみようかなと

授業でも言われてたけど、ガンダムは後で人気が出た。爆発したのは1981年
その作りやすいデザイン性がホビージャパンとかのモデラーに火をつけて、フルスクラッチとか作ってた
そこから目をつけてバンダイが契約をしたと。これが今まで続いているガンプラの始まりだったかな

映画化に伴い、ホビージャパンでも掲載されるようになって
「ストリームベース」のようなモデラーが表に出てくると、もうひとつのガンダムである「MSV」が活性化してくる
(MSVは安井さんが依頼して大河原さんが描いたプロトタイプの裏設定とか、そういう設定資料集みたいなもの)
翌年にはボンボンでプラモ狂四郎が連載されて、さらに拍車をかける
(あれは後半はともかくプラモデルが戦っているのに重きを置いたいい作品だった。稼動域広げたりとかね)

当時のアオシマやイマイ、タカラといった同業者はイデオン、マクロスなどに注力
一方、東京マルイはモビルフォースを繰り出したがそれはおいといて、ここからプラモ戦争が始まる
乱立するロボットアニメと、それにおける模型化の二重の商品戦争である

ロボットの方のデザインも色々と変えられていくうちに模型として テレビとしてのデザイン性の違い
模型化のネタの枯渇、各社のクオリティも伴って年々下火になっていく
ダンバインは先生も言ってたけどプラモデルで曲面を再現できなかった
ただ、後年のガレージキットブームの火付け役になったとかなってないとか

こうして陰りが見えたブームに到来したのがMSV。
実際にありがちな戦争描写から、さまざまな設定が広がり、それが有名になることで需要が高まり
黒い三連星ザクとか、ジョニーライデン専用機とか、「アニメには出てこないオリジナル」
ネタが尽きずに売れ続けた

ここでロボットアニメのガリアンやらサザンクロスやらが打ち切り
1年サイクルで見ていたものを半年でつぶされ
プラモを出すことができなくなったイマイやタカラは撤退することになる
1981年からいままで、この時期、メカデザインと設定が急激に進化していき
ストーリーや世界観も様々なコンセプトが試されていた時期
これらは一度Zガンダムでひとつの収束を見せ、プラモ戦争はバンダイの一人勝ちで終わったのでした
84年から85年まで作品数違うもんなぁ・・・

結局ガンダムの「モビルスーツ」の色々なタイプを作ることができたのは、「量産型で汎用性が高いデザイン」のザクとか「トリコロールカラーは主人公」のイメージを植えつけたガンダムとか
大河原さんのデザインセンスが当時の子供大人達に非常に受けたんだろうなぁ。
さすが「メカニックデザイナー」を全国的に認知させた人は格が違った


エルガイム。これはメカデザインの永野護氏が実際の動作を徹底して設定した
ムーバブルフレーム、二重間関節構造とかこれらの設定がプラモ化として非常にやりやすかった
また、凝った裏設定は後々ファイブスター物語として別の展開する

トライダーG7は「公安的な設定」が後々パトレイバーにつながっているわけで
当時手探りだったロボットアニメのデザインや設定をいかに昇華させ、今につなげていくかが重要かがよくわかる
それは先生もいつも言ってることだった というお話でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nsk

Author:nsk
夢見る某所の専門学生。プランナー志望。プログラムもちょっと
見た作品を色々感想とか
垂れ流してます
主に深夜アニメ、ゲーム、声優
後、雑記も少し
詳細的な方はこっち
コメントとトラバは大歓迎です。見かけたらお返しします

アクセスカウンター
ついったー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
13709位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
4476位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。